2011年03月02日

<セーリング>間寛平さんに連盟功労賞贈呈へ

 日本セーリング連盟は2日、マラソンとセーリングで地球を一周する「アースマラソン」に成功したタレントの間寛平さん(61)に、連盟功労賞を贈ると発表した。連盟は、セーリングの認知度向上などに貢献した個人や団体を毎年、表彰している。大阪のヨットクラブから推薦があり、2月19日の連盟理事会で授賞を決めた。山崎達光会長は「(前立腺がんの)病を克服し、海路と陸路で世界一周を果たされた寛平さんの行動が、多くの人々に感動を与えた」とコメントした。

引用元:Yahoo!JAPANニュース




posted by TokuSpo at 18:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元代表GK・都築氏が埼玉県議選出馬へ

 サッカーJリーグの浦和で長年活躍し、昨シーズンは湘南に所属して1月に現役を引退したばかりの元日本代表GK都築龍太氏(32)が、4月10日に投開票が行われる全国統一地方選挙の埼玉県議会議員選挙(4月1日告示)にさいたま市緑区から無所属で出馬することが1日、明らかになった。2日にも正式に出馬意向を表明する。現役時代、熱いハートを持つ守護神として絶大な人気を博した都築氏が、スポーツ振興に尽力する意向を示し政界進出を決断した。

 赤い魂を持つ元守護神・都築氏が政界に進出することが分かった。2日にも埼玉県議会議員選挙(4月10日)立候補を正式表明する同氏は、スポーツ報知の取材に対し「浦和レッズで素晴らしい経験をさせてもらい、埼玉県民のために恩返しがしたい。サッカーという枠にとらわれず、スポーツ全体の普及、発展を考え、政治活動をしていきたい」と決意を明かした。

 1月28日に32歳の若さで電撃的に現役を引退。G大阪から移籍した浦和では、05年から天皇杯2連覇に貢献。07年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝、クラブW杯3位進出の立役者となった。日本代表の岡田武史前監督からも高い評価を受け、08年11月のW杯アジア最終予選カタール戦から常時招集。10年シーズンに浦和で負傷を理由に定位置を失うまで代表の常連だった。昨夏から湘南で半年間プレー後、14年間の現役生活にピリオドを打った。

 第2の人生に選んだのは政治家だった。選挙区は埼玉スタジアムのあるさいたま市緑区から出馬する。「スポーツで培った体力、精神力で全力で取り組む」をモットーに、子供から高齢者、体の不自由な人など、誰もが手軽に楽しめる生涯スポーツの環境整備などを公約に掲げる方針だ。

 これまでサッカー選手では、元日本代表FW釜本邦茂氏と元愛媛DF友近聡朗氏が参院選で当選。浦和では、DFで活躍した田口禎則氏が99年統一地方選挙、浦和市(現さいたま市)議会議員選挙に無所属で出馬し、1万票を超える高得票でトップ当選した例がある。スポーツ界では、プロボクシングWBA世界フライ級元王者の坂田健史氏(31)が東京・稲城市議選(4月24日投開票)に無所属で立候補する意向を表明したばかり。

 「一政党に偏ることなく、無所属として自分自身の感性を大切に、ニュートラルな立場から臨みたい」との意向から無所属での出馬となる。県議となって、第2の故郷に恩返しを―。「今後は次のステージに進むわけですが、レッズがあるこの埼玉県で、スポーツを通して成長できることの素晴らしさを伝えていけるようなことができればと考えています」。引退時にサポーターにこうメッセージを送った都築氏の新たな勝負が幕を開ける。

 ◆都築龍太(つづき・りょうた)1978年4月18日、奈良・生駒郡平群町生まれ。32歳。長崎・国見高から97年にG大阪に入団。03年に浦和へ移籍後、ACL(07年)や天皇杯制覇(05、06年)などに貢献。昨季途中から当時J1の湘南に期限付き移籍。J1通算250試合出場。代表は01年日韓コンフェデ杯のブラジル戦でデビューし通算6試合出場。今年1月、現役を引退。185センチ、83キロ。

 

引用元:Yahoo!JAPANニュース


posted by TokuSpo at 12:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元代表GK・都築氏が埼玉県議選出馬へ

 サッカーJリーグの浦和で長年活躍し、昨シーズンは湘南に所属して1月に現役を引退したばかりの元日本代表GK都築龍太氏(32)が、4月10日に投開票が行われる全国統一地方選挙の埼玉県議会議員選挙(4月1日告示)にさいたま市緑区から無所属で出馬することが1日、明らかになった。2日にも正式に出馬意向を表明する。現役時代、熱いハートを持つ守護神として絶大な人気を博した都築氏が、スポーツ振興に尽力する意向を示し政界進出を決断した。

 赤い魂を持つ元守護神・都築氏が政界に進出することが分かった。2日にも埼玉県議会議員選挙(4月10日)立候補を正式表明する同氏は、スポーツ報知の取材に対し「浦和レッズで素晴らしい経験をさせてもらい、埼玉県民のために恩返しがしたい。サッカーという枠にとらわれず、スポーツ全体の普及、発展を考え、政治活動をしていきたい」と決意を明かした。

 1月28日に32歳の若さで電撃的に現役を引退。G大阪から移籍した浦和では、05年から天皇杯2連覇に貢献。07年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝、クラブW杯3位進出の立役者となった。日本代表の岡田武史前監督からも高い評価を受け、08年11月のW杯アジア最終予選カタール戦から常時招集。10年シーズンに浦和で負傷を理由に定位置を失うまで代表の常連だった。昨夏から湘南で半年間プレー後、14年間の現役生活にピリオドを打った。

 第2の人生に選んだのは政治家だった。選挙区は埼玉スタジアムのあるさいたま市緑区から出馬する。「スポーツで培った体力、精神力で全力で取り組む」をモットーに、子供から高齢者、体の不自由な人など、誰もが手軽に楽しめる生涯スポーツの環境整備などを公約に掲げる方針だ。

 これまでサッカー選手では、元日本代表FW釜本邦茂氏と元愛媛DF友近聡朗氏が参院選で当選。浦和では、DFで活躍した田口禎則氏が99年統一地方選挙、浦和市(現さいたま市)議会議員選挙に無所属で出馬し、1万票を超える高得票でトップ当選した例がある。スポーツ界では、プロボクシングWBA世界フライ級元王者の坂田健史氏(31)が東京・稲城市議選(4月24日投開票)に無所属で立候補する意向を表明したばかり。

 「一政党に偏ることなく、無所属として自分自身の感性を大切に、ニュートラルな立場から臨みたい」との意向から無所属での出馬となる。県議となって、第2の故郷に恩返しを―。「今後は次のステージに進むわけですが、レッズがあるこの埼玉県で、スポーツを通して成長できることの素晴らしさを伝えていけるようなことができればと考えています」。引退時にサポーターにこうメッセージを送った都築氏の新たな勝負が幕を開ける。

 ◆都築龍太(つづき・りょうた)1978年4月18日、奈良・生駒郡平群町生まれ。32歳。長崎・国見高から97年にG大阪に入団。03年に浦和へ移籍後、ACL(07年)や天皇杯制覇(05、06年)などに貢献。昨季途中から当時J1の湘南に期限付き移籍。J1通算250試合出場。代表は01年日韓コンフェデ杯のブラジル戦でデビューし通算6試合出場。今年1月、現役を引退。185センチ、83キロ。

 

引用元:Yahoo!JAPANニュース


posted by TokuSpo at 09:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V・ペルシ、CLバルセロナ戦欠場へ

アーセナルは8日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バルセロナと対戦する。ホームでのファーストレグで勝利して敵地に乗り込むアーセナルは、ベスト8進出のチャンスに燃えているところだが、FWロビン・ファン・ペルシを欠くことが確実となった。

カーリングカップ決勝でゴールを決めた後、ひざを痛めた同選手は、3週間以上の離脱となるようだ。アーセン・ヴェンゲル監督が、クラブの公式HPで明かしている。

「残念なことに、検査で悪いニュースを受け取った。彼は3週間の離脱になることは確実だ。もっと長くなることもある。最短で3週間ということであり、バルセロナ戦でプレーすることは不可能だろう」

一方で、MFセスク・ファブレガスの回復は間に合うかもしれないようで、指揮官は、「セスクはまだ可能性がある。素早く前進しているところだね。十分に可能だよ」と語った。

FWセオ・ウォルコットをケガで欠くことが決まっていたアーセナルにとって、エースの離脱は大きなダメージだろう。

引用元:Yahoo!JAPANニュース


posted by TokuSpo at 06:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子プロ野球、4月2日開幕

 日本女子プロ野球機構は1日、今季のリーグ開幕戦を4月2日にわかさスタジアム京都で行うと発表した。昨季と同じく京都、兵庫の2球団が参加。両チームは14日から5日間、和歌山県内で合同キャンプを実施する。
 創設1年目の昨季は兵庫が前後期を制し、総合優勝した。 

引用元:Yahoo!JAPANニュース


posted by TokuSpo at 03:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上田氏が育成コーチ=プロ野球・巨人

 巨人は1日、上田和明編成調査室課長(48)が育成コーチに就任したと発表した。上田氏は慶大から1985年に内野手として巨人入り。93年に現役引退し、内野守備走塁コーチを務め、現場復帰は6年ぶり。 

引用元:Yahoo!JAPANニュース


posted by TokuSpo at 00:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。