2011年03月05日

ザック監督、若手に期待…Jリーグ積極視察へ

 サッカー日本代表のザッケローニ監督はJリーグ開幕前日の4日、報道陣の取材に応じ、「代表監督としての願いは、若手の台頭。Jリーグで経験を積んで、さらに成長してほしい」と話し、若い力の出現に期待を示した。

 イタリア人指揮官は、Jクラブの選手育成や日本人選手の技術などを高く評価。そのうえで、「代表チームは今年、また海外組が増えたが、日本サッカーのベースはJリーグ。Jの中で選手を探していきたい」と、今季も積極的にJリーグを視察する考えを明らかにした。

 2014年W杯ブラジル大会でのアジア勢の出場枠が現状維持の4・5となったことについては、「アジアのサッカーは他のどの地域より成長している。増えることを期待していた」と語った。ザッケローニ監督は母国で休暇を過ごし、3日に来日した。

引用元:Yahoo!JAPANニュース




posted by TokuSpo at 00:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。