2011年03月05日

<バスケット>福井県協会を処分 高校生の代表辞退黙認で

 昨年行われたバスケットボール男子U18(18歳以下)アジア選手権(イエメン)で、日本代表に選ばれた福井県内の高校生2人の代表辞退を黙認したとして、日本バスケットボール協会が福井県協会を戒告処分にしていたことが5日、分かった。日本協会の競技者規程では、代表選手は「正当な理由がない限り、参加を拒否できない」とあるにもかかわらず、福井県協会は適切な指導を怠り、2人が同時期に開催された千葉国体に出場することを黙認したという。

引用元:Yahoo!JAPANニュース




posted by TokuSpo at 21:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。