2011年03月07日

大畑“第2章”へ「ラガーマン大畑は永遠に不滅」…ラグビー

 ◆ラグビートップリーグ オールスター戦(6日、名古屋市・瑞穂ラグビー場) ラグビー・トップリーグのオールスター戦が6日、名古屋市瑞穂ラグビー場であり、元日本代表ウイング大畑大介(35)=神戸製鋼=の引退セレモニーが行われた。試合は東芝など今季リーグ戦奇数順位チームの選手で構成されたオレンジが、70―52で三洋電機など同偶数順位のグリーンを下した。MVPには水野弘貴(29)=トヨタ自動車=が選ばれた。

 神鋼の赤ジャージー、背番号「14」が放つオーラは、どの選手よりも際立っていた。1月の試合で右膝を負傷した大畑は、グラウンドに立つことはできなかったが「浮き沈みの激しい現役生活だったが、全く悔いはない。完全燃焼した」とファンに最後のあいさつ。オールスター選手に囲まれ、笑顔で3度宙を舞った。

 シーズン前に今季限りでの引退を告げられていた真理夫人(36)は、「いつ最後になるか分からない」と地方の試合にも足を運んだ。「けがをしていないところを探す方が難しい状態」だった夫のプレーを「寿命が縮む思い」で見守り続け、「『生まれ変わってもラグビーはしない』と言ったぐらい、やり切ったんだと思う」とねぎらった。

 「自分にとってラグビーとは自己表現の最大の武器」という大畑。「プレーヤーとしては終わったが、ラガーマンとしての大畑は永遠に不滅」と今後もラグビー界で“大畑・第2章”を描くつもりだ。

 

引用元:Yahoo!JAPANニュース




posted by TokuSpo at 09:00| Comment(0) | スポーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。